p.3 研究会活動を見る;

次世代ポリオレフィン総合研究会

定期の研究発表会の開催について
reception

1.研究発表会の概要:
 本研究会では,2006年に初回を行って以来,毎年1回の頻度で研究発表会「次世代ポリオレフィン総合研究会」を開催しています.既に8回の盛大な研究発表会を実施しました.この会は,2日間に亘って行われ,触媒や機能性ポリマー専攻の各大学研究室,PO製造メーカー,添加剤メーカー,成形加工メーカー,機械メーカー,そして各産業分野のPO樹脂材料ユーザーからの多くの参加者を得て行います.
  講演の内容もPOの経済産業論に始まり,重合触媒理論,機能性POの新規な合成と物性技改良技術,さらにユーザーにおける応用アプリケーションまでの25〜30テーマに及び,発表後様々な角度から質疑が行われ,POに関わる方々の間でより濃いコミュニケーションが交わされるよう計画をしています.
 なお,発表会終了後に会員間の親睦を図るために懇親会を行っています.

2.過去の研究発表会について
 過去の第1回〜第11回研究発表会の開催日時,場所,発表プログラム等につきましては,右欄よりリンクしてご覧下さい.


3.講演を希望する方は事務局までお問い合せ下さい.


4.発表の標準的規則:
 発表時間(標準):20〜25分(質疑を含む)です;特別講演は長い時間をとる場合があります.予稿は不要です.但し,講演発表後の会誌用寄稿を御願いしています(投稿規定等は右欄よりリンクしてご覧下さい).発表は原則として ppt 等のスライド・プロジェクターにて行います(PC持参は不要です).


5.研究会後の会誌用論文の寄稿

 年会誌は,夏の研究発表会の内容を中心として編集します.従いまして,講演発表をいただいた方には,原則として,会誌用としての論文寄稿をお願いしております.寄稿論文の規定・書式は右欄よりご覧ください.原稿締め切りは都度連絡いたします.

 なお,寄稿論文の著作権(権利と義務)はすべて著者に属します.また,寄稿による謝礼はありません(但し,著者には会誌1部を進 呈します).

御礼:第12回「次世代ポリオレフィン総合研究会」

本年研究会は以下のとおり開催いたしました。
今回の研究会への参加者数は,昨年を上回り(130名),特に参加企業の業種の幅が大きく広がりました.会長以下開催事務局として大変喜んでいますとともに,来年に向けて,新しい技術動向を踏まえたより関心の大きいテーマをとりいれて研究会を計画致したいと思っております.
開催日時: 平成29 年8 月 3日(木), 4日(金)
場所: 北陸先端科学技術大学院大学 (東京サテライト)
東京都港区港南2丁目15番1号 品川インターシティA棟19階
(地図)http://www.jaist.ac.jp/satellite/sate/access/
プログラム: 第12回研究会プログラムこちらでご覧ください. 参加費:下表をご覧ください.お支払いは当日受付で結構です.
内容や場所に関わる問合せ・連絡先:2ページの事務局よりお願いします.
第12回研究会の総括;
 日本においては,ポリオレフィンは,既に汎用樹脂の域を脱して,多用途多機能素材として扱われています。その新たな材料の開発と展開をサポートすることが本会の位置づけであります。研究発表・講演の内容は、触媒・重合から、ポリマーの構造・物性・加工性、機能製品アプリケーション,さらには社会科学的な検討までカバーして、幅広くポリオレフィンに関係する総合的な議論に及びましたが,皆様のおかげのもちまして,成功裏に開催できましたことをご報告申し上げます。
本研究会への最近の参加者数と幅は毎年少しづつ広がっており,本研究会の開催趣旨やプログラム内容は基本的に支持を得てきていると認識しているものです。
最後に,多くの皆様のご参加に心より感謝申し上げる次第です。      

                  日本ポリオレフィン総合研究会会長

                  北陸先端科学技術大学院大学   寺野 稔  

事務局の連絡先:
Tel: 0761-51-1622, Fax: 0761-51-1625 
e-mail: info@sposi.gr.jp
研究会参加費は以下の通りです;
区分 参加費 特典についての備考
会員 \10,000 特典:12月発行の会誌配布を含みます.
発表講演者 \5,000 特典:12月発行の会誌配布を含みます. なお,会誌への寄稿を承諾されたものとします.
非会員 \12,000 12月発行の会誌配布を含みます.
学生 無 料 但し,会誌購入および懇親会参加の場合は別途定められた費用をお支払い下さい.
  なお,会員でない方は,いつでも事務局info@sposi.gr.jp までご連絡下さい;それで直ちに登録が可能です.本研究会は入会金や年会費はありません、また,研究会の当日に受付でその旨を伝えていただくだけでも可能です.

若手研究会

1.趣旨
wakate

 これからのポリオレフィン関連産業にとって、若い方々の活性化が極めて重要であることには議論の余地はないものと思われま す。 今回企画しました第1回若手会は、この趣旨に沿うもので、各企業および大学等の若手の研究者に他の組織の研究者と交流する機会を提供するものです。この機会を通じて若い方々に人的なネットワークを築き上げていただき、それを将来の仕事に役立たせて頂きたいと思っています。 本会が若い研究者の皆様に有益であることを期待しています。               

          会の発起者: 寺野 稔 教授

          北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス研究科

          〒923ー1292 石川県能美市旭台 1-1    

          Phone:0761-51-1622,

          E-mail:info@sposi.gr.jp


2.第4回若手研究会の成果大きく

 平成26年1月23日(木)&24(金)に第4回若手研究会をJAISTにて開催しました.その研究会内容と議論,印象を紹介します.右欄よりリンクでご覧ください.研究会の実施プログラム(当初計画より大きく進歩しています)および結果と写真を掲載しています.

分科会

趣旨:
#

(準備中)